読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

About Time

あるミニマリストのおすすめアイテム紹介ブログ

クレジットカードよりも、ソニー銀行のデビットカード『Sony Bank WALLET』を選ぶ。

僕がオススメしたい、お気に入りのアイテムやサービスたちを紹介していきます。

ソニー銀行の『Sony Bank WALLET』と『定額自動入金サービス』

f:id:Lync:20170315220036j:plain

出典:Sony Bank WALLET|MONEYKit - ソニー銀行

 

支払いは、カードか電子マネーに限る。

レジ前で現金のやりとりをする必要がないからだ。

 

「カードで」「スイカで」

 

この一言と、カードの受け渡しやタッチだけで支払いが済む。*

 

カード払いがメインの人は、サイフがスリムだ。現金を持ち歩かなくていいし、小銭入れを持つ必要もない。

 

カード生活に慣れていると、
レジ前でジャラジャラ小銭を出している人や、パンパンのサイフに妙にイラッとしてしまう。

 

 

そんな便利なクレジットカードにもデメリットがある。それは、ついつい使い過ぎてしまうことだ。

 

請求書を見てガックリ肩を落としたり、あろうことかリボ地獄に陥ってしまった人もいるだろう。

 

そんな恐怖も、デビットカードであれば安心だ。

 

通常のカードでは、支払いから1,2ヶ月後に請求が来るのに対して、

デビットカードでは使った金額が即時、銀行口座から引き落とされる。

 

銀行口座の残高以上の買い物はできないので、身の丈にあった買い物が出来るだろう。

 

VISAデビッドなどカード会社が関与するデビットカードは全国の加盟店(例えばVISA加盟店)で利用できるので、普通のクレジットカードと同じように使うことができる。

 

 

さて、そんなデビットカードを作るにあたって、僕がオススメするのはソニー銀行の「Sony Bank WALLET」。

その理由は「定額自動入金サービス」があるからだ。

 

定額自動入金サービスは、

毎月の決まった日に、決まった金額を、他行の口座からソニー銀行の口座に引き落とすことができるサービス。手数料は無料だ。

 

このサービスを使って、給与口座から毎月のお小遣い分をソニー銀行の口座に引き落とすようにする。

そして付帯サービスのVISAデビットを作れば、「お小遣い用VISAデビットカード」が完成する。

 

「マネーフォワード」などのサービスを使えば、お小遣いの残額確認もカンタンだ。

 

この仕組みをうまく使えば、

給与口座は貯蓄口座、ソニー銀行はお小遣い口座としてお金を上手に貯めていくこともできるだろう。

 

ソニー銀行のVISAデビットで、スマートにお金の管理をしてみてはいかがだろうか。

 

 

「Sony Bank WALLET」をつかった上手な貯金の方法について知りたい方は▶

【お金】サラリーマンのためのお金が貯まる仕組み。 - LinkRingBlog

 

 

*…サインが必要な場合もあるが、コンビニやスーパーなどの手軽な買い物では大抵、サインレスだ。