About Time

あるミニマリストのおすすめアイテム紹介ブログ

洗濯洗剤は、液体よりもジェルボールを選ぶ。

僕がオススメしたい、お気に入りのアイテムやサービスたちを紹介していきます。

P&G 『アリエール 洗濯洗剤 パワージェルボール』

f:id:Lync:20170316013507j:image

とにかくラクなジェルボール型洗剤 

僕は自他共に認める家事メンだ。

 

「家事の何が好き?」と聞かれれば、
「家事を効率化していくプロセスが面白い」と答える。

 

誰かが30分かかる家事を、10分でできるようにしたり、究極には「放っておくだけ」に改善していくプロセスが楽しい。

 

そんな感じで日々、改善を繰り返している我が家の家事であるが、
半年くらい前にカイゼンしたのが洗濯用洗剤。

液体洗剤をジェルボール型に変えたのだ。

率直に言って、初めはジェルボールには興味がなかった。 

液体洗剤からジェルボールにしたからといって、変わるのは「計らなくてよくなること」くらい。
そんなもん大した手間じゃないだろうと思っていたのだ。

 

 


ところが、Amazonでポチッて試してみたら、一気に印象が変わった。

 

実際にジェルボール型を使ってみたら、もう液体洗剤には戻れない。

 

ジェルボール型の何が楽だったかというと、

 

  • 軽量がいらない
  • 詰め替えがラク
  • 保管が清潔

の3点。ひとつずつ説明していこう。

 

ポイント①:軽量がラク

計量しなくていい事がいかにラクかは、体験してみて初めてわかった。

 

あんなに大した手間じゃないと思っていたのに「しなくて良いこと」になったとたん、面倒なことに変わった。

 

洗濯物と一緒にジェルボールをつっこんで、あとは洗濯をはじめるだけ。という手順は想像以上にラクだった。

 

▼ジェルボール型は軽量不要。1回の洗濯につき1回のジェルボールを入れるだけ。

f:id:Lync:20170327125107j:image

 

ポイント②:詰め替えがラク

もうひとつ、ジェルボールは詰め替えもラクだということも分かった。

 

いざやるとなると、液体洗剤の詰め替えは非常に面倒だ。

 

ボトルの口から洗剤がこぼれないように気をつけるところとか、

入れすぎて洗剤があふれないように神経を尖らせるのも、本当に面倒くさい。

 

これがジェルボールになると、そんな手間がゼロになる。

 

無神経にボックスにドカドカ詰めるだけで、詰め替えは完了だ。

 

▼詰め替えは、購入したときの専用ボックスにドカドカ詰めるだけ。

f:id:Lync:20170327125049j:image

 

 

ポイント③:保管が清潔

そしてジェルボール型の容器は、液体洗剤のように、軽量カップが汚れてきたり、ボトルがベタついたりすることもない。

 

容器を清潔に管理できるというのも使ってみて分かったメリットだった。

 

 

繰り返しになるが、もう僕は液体洗剤には戻れない。

まだジェルボールを使ったことがない方は、ぜひとも使ってみてほしい。

 

追記:

先日発売された勝間和代さんの本「勝間式 超ロジカル家事」にて、ジェルボール型洗剤が紹介されていた。勝間さんもジェルボールの愛用者らしい。

ただ勝間さんに至っては、ケースのふたをむしり取って、ふたの開け閉めの手間も省いているとのこと。

僕はむしり取るのは少し気が引けたので開けっ放しで保管することにしました。

 

▼勝間さんからアイデアを頂戴して、あけっぱなしで保管することにした。

f:id:Lync:20170327125028j:image