読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

About Time

あるミニマリストのおすすめアイテム紹介ブログ

テレビ裏の配線は『ケーブルボックス』と『マジックバンド』でキレイに整理する

僕がオススメしたい、お気に入りのアイテムやサービスたちを紹介していきます。

ブルーラウンジ『ケーブルボックス』

f:id:Lync:20170327202000j:image

テレビ裏はケーブルボックスとマジックバンドでキレイになる

「テレビ裏のゴチャゴチャな配線をどうにかしたい」

と考えたことがあるのは僕だけではないだろう。

 

ただでさえ見栄えも悪いのに、ほっておくとケーブルごとにホコリが絡みついて目も当てられなくなる。しかも掃除はしにくい。

 

▼我が家のテレビ裏もかつてはこんな感じだった。かなりゴチャついている。

f:id:Lync:20170327202501j:image

 

 

「なんとかキレイにならないものか…」

 

そんな悩みを持つ方にオススメしたいのが、ケーブルボックスとマジックバンドだ。

 

ケーブルボックスは、OAタップなどを中に入れて、外からの見栄えを良くする事ができる。

マジックバンドはいわゆる「マジックテープ」だ。複数のケーブルをまとめる事ができる。 

 

 

僕はケーブルボックスとマジックバンドを利用して、このようにテレビ裏の配線を整理している。

掃除もしやすくなったので、もうテレビ裏の配線にストレスを抱えることもない。

 

f:id:Lync:20170327201855j:image

 

マジックバンドは絶対必要

「ケーブルボックスさえあれば、マジックバンドは要らないのでは?」

と思う方は注意して欲しい。

やってみれば分かるが、ケーブルボックスだけでは思いのほかキレイにならないのだ。

やはりマジックバンドは必須と考えてよいだろう。

 

▼ケーブルボックスだけを使った状態。ゴチャゴチャ感は否めない。

f:id:Lync:20170327202806j:image

 

ケーブルも変えておくとさらにキレイになる

また、ケーブルをキレイにまとめるまえに、ぜひともケーブルの種類を細くて柔らかいものに変えておきたい。

整線のしやすさだったり、整線後の見栄えが全然違う。

  

ケーブルボックスとマジックバンドを使った整線の方法についてもっと知りたい人は、こちらのリンクを参照して欲しい。

テレビ裏の配線がスッキリ!システムエンジニアが教えるケーブルボックスの上手な使い方 - LinkRingBlog