About Time

あるミニマリストのおすすめアイテム紹介ブログ

コーヒーマシンはネスカフェ ドルチェグストの『ジュニオ2』を選ぶ

僕がオススメしたい、お気に入りのアイテムやサービスたちを紹介していきます。

ネスカフェ『ドルチェグスト ジュニオ2』

f:id:Lync:20170328220524j:image

 

簡単手順で美味しいコーヒー

朝は忙しい時間帯だ。

 

しかしどんなに忙しい朝でも、

「朝は美味しいコーヒーでシャキッとしてから家を出たい」

と僕は思う。

 

そんな僕が愛用しているのがドルチェグスト。

 

ドルチェグストはカプセル式のコーヒーマシンだ。
忙しい朝でも美味しいコーヒーを簡単につくることができる。

 

手順としては、

 

  1. 本体の電源をオン、
  2. 水とカプセルをセットして、
  3. 抽出ボタン(レバー)を押す。

 

というシンプルな流れだが、

あらかじめたっぷり水を入れておけば、手順はもっとラクになる。

 

これだけでインスタントとは段違いの美味しいコーヒーを飲むことができるのだから、素晴らしいマシンだなぁと思う。

 

 

お手入れも簡単で、普段はカプセルのトレイを水洗いするだけで充分だろう。

 

▼普段のお手入れはカプセルを入れるトレイを水洗いするだけ。

f:id:Lync:20170329004348j:image

 

カプセルが豊富なのも嬉しい。

抹茶ラテ、ティーラテなどのカフェメニューも豊富なので、コーヒーが飲めない人がいる家庭でも活躍できるのではないだろうか。

 

 

ドルチェグストの機種を比較

さて、ドルチェグストの機種は様々だが、
個人的には『GENIO2(ジュニオ2)』がオススメだ。

 

『DROP(ドロップ)』はカッコいいが、給水タンクが取り出しにくいのが難点。

横に引き抜くような構造なので、スペースも確保する必要がある。

 

『Jovia(ジョビア)』は手動で抽出を止めないといけないので少しめんどくさい。

 

ということで、オートストップで給水タンクもラクラク取り外せる『ジュニオ2』を僕はオススメしたい。

 

▼ジュニオ2の吸水タンクは上に軽く引き上げるだけで簡単に外れる。

f:id:Lync:20170328220649j:image

 

インスタントよりお金はかかるが…

『ジュニオ2』本体の価格はAmazonで9,000円くらい。

この他にカプセル代が必要になる。

 

カプセルは一杯分で30円程度。確かにインスタントコーヒーより値段はかさむ。

ただ、コンビニでコーヒーを買うよりはだいぶ安い。*

 

「美味しいコーヒーが飲みたい、だけどいちいちドリップするのはめんどくさい」

というわがままな人にピッタリなマシンだ。

 

 

 

*…抹茶ラテ、ティーラテなどは1杯で2種類のカプセルを使うため、約60円/杯となる。