読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

About Time

あるミニマリストのおすすめアイテム紹介ブログ

家に1台は『シュレッダー』を持っておく

僕がオススメしたい、お気に入りのアイテムやサービスたちを紹介していきます。

コクヨ 『シュレッダー AMKPS-X80W』

  f:id:Lync:20170331122200j:image

 

シュレッダーで断捨離を加速する

我が家にはシュレッダーがある。

 

家に届いたダイレクトメールや、
光熱費の支払い明細、
クレジットカードの利用明細など
不要になった書類を裁断するのに使っている。

 

シュレッダーは断捨離の強い味方だ。

 

家の中で、紙は意外とスペースを取っているもの。
しかも中途半端に個人情報を含んだ書類がちらほらあって、処分しにくい。
(個人情報が入った書類の廃棄は少し気を使うだろう)

 

それらをどんどんシュレッダーにかけていく。

 

『ガガガガガガッ』

 

というシュレッダーの音も景気づけになって、ずいぶん廃棄が効率よく進む。

 
CDやDVDなどの光学メディア、
カードなどを裁断できるタイプもあるが、
僕は紙のみ裁断できるタイプにした。

 

光学メディアやカードを廃棄する機会は少ないし、その時は手でやればいいやと判断したのだ。

 

たまにカードを捨てるときなどは
「やっぱりカードも裁断できるやつにしとけば良かったかな…」
と思うが、その時はチョキチョキとハサミを使って切っている。

 

購入前に裁断幅とホチキス留め対応は調べておこう

さて、シュレッダーを選ぶ上で意外と重要だと思ったのが裁断幅。

 

僕のKOKUYOのやつはこんな感じだ。

f:id:Lync:20170331122218j:image

ブロック型に裁断されるのだが、このブロックひとつがそこそこ大きい。

字の大きさによっては普通に読めてしまう。

 

僕はそこまで気にしていないが、この幅ではNGな人もいるだろう。

 

また、ホチキス留めされた書類をそのまま投入できるかも人によってはチェックが必要だろう。

僕のKOKUYO製はホチキス留めはNGだ。

 

買う前に裁断幅と、ホチキス留めの対応はチェックしておくと良いと思う。

 

▼僕が持っているシュレッダー。CDやカードの裁断は不可であるが、値段がお手頃。