About Time

あるミニマリストのおすすめアイテム紹介ブログ

欲しいものは『買う』を選ぶ。使わなくなったら『売る』を選ぶ。

先日『メルカリ』を利用して、はじめて不用品を売った。

 

ぼくは大学時代、スターバックスでアルバイトをしていたが、そこでスタッフにのみプレゼントされるピンバッチを売ったのだ。

 

▼メルカリで売ったピンバッチたち

f:id:Lync:20170817214557j:image

 

捨てるにも捨てられず、家のなかでムダに場所を取っていたモノを手放す事ができた。

しかもそれがお金になったので大満足だ。

 

メルカリの操作も非常にカンタンだった。

出品もスマホでパパっとできて、売れたら梱包してファミマに持っていく。

最後にファミポートで配送依頼表を印刷して、梱包した商品とあわせてレジに持っていくだけ。

 

ユーザへの負担が少ない非常に優れたシステムだと思った。

 

 

いらないものを手放すのは本当に気持ちがいい。

 

ぼくは、必要なものしか買わない生活をしたいとは思わない。

たとえ必要なくても、欲しいものを買って使ってみる『あそび』がないと人生つまらないじゃないか。

使ってみたいと思ったら買って思いっきり遊べばいいと思う。

 

ただ、使わなくなったものをずっと手元に置いておくのは良くないと思う。

要らないものにスペースが取られたり、気を取られてしまうのはそれこそムダだ。

 

必要なくなったら『メルカリ」などのフリマアプリやヤフオクで売れば良いのだ。

自分にとっては必要ないものでも、誰かにとっては欲しいものだったりする。

 

メルカリやヤフオクはそんなマッチングを可能にするサービスだと思う。