About Time

あるミニマリストのおすすめアイテム紹介ブログ

iPad Pro 10.5インチとスマートキーボードの組み合わせが最強すぎる

f:id:Lync:20180417192816j:image

iPad Pro(10.5インチ)を買った。これがめちゃめちゃイイ。早速レビューしようと思う。

 

スマートキーボードとの組み合わせが最強。

f:id:Lync:20180417193004j:image

iPad Proには「SmartKeyboard」というオプションの外付けキーボードがある。iPad Proを購入して一番良かったのは、これを利用して電車でカタカタできるようになったこと。僕は通勤に1時間くらいかかるのだが、電車の中でPCを開くのは隣の人に申し訳ない気がしていてあまり開かなかった。

かといってiPhoneでフリックするのは時間がかかってしょうがない。打ち込んでいるうちに考えていることがどんどん飛んでいってしまう気がして好きになれなかった。

ところがiPad(ぼくは10.5インチ)はちょうどいい具合にコンパクト(PCよりは小さいけど、iPhoneよりは十分に大きい)なので、電車でカタカタやるにもストレスフリー。

また、ブラウジングをしながら、kindleで本を読みながら、テキストを書いていくことができるので、情報収集をしながらネタをまとめるには最高だ。

 

テキスト主体で仕事をする人にはこれ以上ないツール

最近、なるべくテキストで仕事をするというのを実践しているのだが(ネタは自分で作り、パワポやエクセルは新人に作らせる)この方法とすごくマッチしている。事前にテキストでネタを打ち込んでおいて、資料つくるときは、新人がそれをペタペタ貼っていき、必要に応じて絵を書かせるだけ。

会社で作業しないといけないことが減り、帰る時間が早くなった。

 

スマートキーボードのレビューについて

スマートキーボードは前面がパタパタするなんてレビューがあったけどそんなことなかった。むしろけっこう打ちやすい(というか打ちやすさには十分満足)。気になる人はぜひともApple Storeに行って試してみてはいかがだろうか?ぼくは銀座のApple Storeにわざわざ行って試してから買った。

 

『立ち上がりの時間』が早いということ

iPadはPCとくらべて『立ち上がりの時間』が早い。最近のPCも十分速いが、本体を手にとってから作業開始できるようになるまでの時間はiPadのほうが全然早い。

それもあって、PCでなければ作業できないこと以外はiPadでやるようになってきた。Smart Keyboardとあわせれば入力のスピードもPCと変わらないし、全然ストレスはない。

 

ネックは値段と重さ

と、ここまでいいレビューを書いてきたのだが、唯一のネックは値段と重さだろうか。スマートキーボードは17,000円。AppleCareにも加入するとなると10,000円くらいするのがイタい。

そしてスマートキーボードを使うにはiPad Proが必須なので、合計10万円くらいしてしまう(iPadはiPad Proより安いがスマートキーボードが使えない)。予算は確保する必要ががあるだろう。

 

地味にそこそこ重い

また、iPad Pro 10.5インチ自体は469gでかなり軽いように感じるが、スマートキーボードとあわせると713g。もう少し軽いといいなぁと思う。最近のPCはかなり軽いので、これだったらPCを買うなぁという人もいると思う。

 

ではPCを買ったほうがよいのか?

10万円するならPC買ったほうが良い?という人もいると思うが、個人的には、PCとiPadは別物だと思う。というか大抵の人にとってPCはやはり必要だろう。

パワポやエクセル、プログラミングする人であれば、iPadだけではだいぶキツい。あくまでiPadはPCとの使い分け用に、というのがオススメだ。

 

その他小さな不満点

その他、小さな不満点といえば「Kindleが読みにくいこと」だろうか。iPad Proを購入したことを機に、Kindleを捨ててしまった。理由はiPad Proで見ればいいと思ったから。

ただ、実際にiPad Proで読書しているととにかく画面がデカくて思いのほか読みにくかった。また、片手で持つにはそこそこ重いので、電車で立ちながら読むとなると、手首や腕がだいぶ疲れる。

自分の結論は「やはりKindleは必要」と思った。読書だけするのにiPad miniを買うのは大げさすぎるし、なによりKindleのほうが軽いからだ。